楽天 高級品

楽天 高級品の商品を紹介

お気に入りに追加
おすすめカテゴリ
楽天 高級品



  • seo




Supported by 楽天ウェブサービス  サイトマップ  楽天 高級品

このページの情報は
2009年3月7日1時30分
時点のものです。

<< 戻る

【2月7日出荷開始】【特選梅酒】最高級完熟紀州南高梅 芋焼酎仕込梅泉の栞(ばいせんのしおり)12度 500ml【本格芋焼酎 さつま五代仕立て】【山元酒造謹製】【梅泉の栞3本お買い上げで送料無料】【春特集26銘柄中3本以上で送料無料!】

【2月7日出荷開始】【特選梅酒】最高級完熟紀州南高梅 芋焼酎仕込梅泉の栞(ばいせんのしおり)12度 500ml【本格芋焼酎 さつま五代仕立て】【山元酒造謹製】【梅泉の栞3本お買い上げで送料無料】【春特集26銘柄中3本以上で送料無料!】
人気ランキング:
定価: オープン価格
販売元: 下町の焼酎屋 澤屋総本店
発売日:
価格 商品名
1,575円
【2月7日出荷開始】【特選梅酒】最高級完熟紀州南高梅 芋焼酎仕込梅泉の栞(ばいせんのしおり)12度 500ml【本格芋焼酎 さつま五代仕立て】【山元酒造謹製】【梅泉の栞3本お買い上げで送料無料】【春特集26銘柄中3本以上で送料無料!】
 梅泉の栞(ばいせんのしおり)12度 500ml【山元酒造】★本格芋焼酎を使用した究極の芋焼酎梅酒!★?昔ながらの家庭的な梅酒をココに再現!?山元酒造の銘酒「さつま五代原酒」をベースに!極上の完熟紀州南高梅だけを漬け込みました!〓酸味と甘みがバランスが良い秘蔵芋焼酎梅酒〓    ※※※売り切れご免!※※※■美味しさの秘密。。。昔から鹿児島の家庭では、芋焼酎で梅酒造りをしてきました。まさに本格いも焼酎仕込みの梅酒は、他の焼酎ではできない芋の旨味と梅の酸味が抜群に調和した、絶品の梅焼酎です!さつま五代の芋焼酎が実に通常の梅酒にない”旨味とコク”を引き出しました。個性の中に気品漂う味わいはまさに通好み。そんな味わいを、是非ご堪能下さい。個性の中に芋焼酎が漂う味わいはまさに通好み!\(^o^)/〔蔵 元〕山元酒造〔所在地〕鹿児島県〔原材料〕完熟紀州南高梅3L、ザラメ、本格芋焼酎〔度 数〕12度 ■世界で初めて梅酒でモンドセレクション2007金賞受賞した山元酒造が醸す本格梅酒。極上の紀州南高梅3Lサイズのみを使用し、たどり着いた究極の梅酒!▲すべて紀州南高梅3Lサイズの最高級青梅を使用しました!1.紀州南高梅3Lサイズの傷や斑点のない最高級の青梅を使うこと2.酸味と甘味が程良くバランスされるよう仕込みに注意を払うこと3.芋焼酎らしさを忘れずに、究極の梅酒をつくるということ以上 ■創業大正元年から引き継ぐ伝統の技大正元年(1912年)創業。川内で焼酎造りをはじめて90余年、焼酎の発祥の地「川内市」に恥じぬ伝統の味を現代に伝え、素直に「旨い」と喜んでいただけるような焼酎造りを目指してい る。現在の川内市五代町に工場が移されたのは、昭和48年のこと、創業以来ずっと醸し続け ている山元酒造の代表銘柄「さつま五代」はこの地名にちなんだものだ。年間生産石数は2万 石を越える大手に属する焼酎蔵だが、1985年、創業当時の「今昔の焼酎屋・手造り工場」を移 築。もちろん、建物と甕は創業当時のもののまま。理由は”蔵ぐせ”を継承するのが目的だっ た。■「冠嶽山」の伏流水山元の焼酎(さけ)を支えるのが、この「冠嶽山(かんむりだけ)」の伏流水である。数十年 の歳月を経て浸透した山水は、その過程で地中のミネラル分を吸収し、絶妙な味わいを生み出 すという。地底200mまで掘り下げた井戸からくみ上げられ、焼酎造りの仕込み水や割り水 にふんだんに使用。実は山元酒造の工場がある五代町より約20km離れたところに位置し、 毎日60KL以上を運んでいるという拘りよう。■四代目「山元隆功氏」山元酒造の焼酎造りを担っているのは昭和46年生まれの工場長兼代表の山元隆功氏。 東京農業大学の醸造科を卒業後すぐに焼酎造りに携わり、現在工場の全てを管理している。こ の道に入るのに迷いはなく、「家業である焼酎造りは、小さい頃から手伝いをしてましたから、 幼心に焼酎造りをしたい」と思っていたという。現在、山元酒造の焼酎の作り手は平均年令3 0前後という若手スタッフで構成されている。長年焼酎造りに携わってきた杜氏・蔵人達と一 緒に焼酎を造ることによって、匠の技を五感で習得し、継承していく。そのリーダーである隆 功氏、自信を持ってこう断言する「山元の焼酎(さけ)のレベルを向上させ、日本一の焼酎を 目指す」新しい歴史と伝統をつくり出そうとしている”若き山元酒造”大いに期待したい。▲山元酒造の心臓部!“手造り工場”▲五代の味を支える若き”中村杜氏”▲山元社長との2ショット平成19年初頭から力を入れ始めた梅酒販売で、当社のこだわり看板梅酒を作りたい!との願いから始めたのがこの「梅泉の栞」です。店長庄司の親しい紀州梅干屋さんの小山店長に、いい青ウメはないか?と相談したところ、紀州南高梅であまりにも品質がよすぎて、梅酒の原料として使わない3Lという高級なウメがあるとの情報を聞き、早速、調達に動きました。間に入ってくれた小山店長に、中でも最高品質のものを”安く”仕入れられるよう調整いただき、素晴らしい青ウメを手にすることができました。一方、鹿児島で芋焼酎梅酒として数々の実績を誇る、芋焼酎五代を醸す山元酒造さんへ、当店のこだわり梅酒の製造をオファーしたところ、山元社長が快く快諾していただきました。オファー後の話ですが、昨秋、あの世界のモンドセレクションで、初めて梅酒で金賞に輝き、一躍山元酒造の名は世界に轟きました。もちろん店長庄司の目に狂いは無かったと、思わずガッツポーズしたのは言うまでもありません。(^o^)酒質は、くどい甘みを抑えるよう、ザラメを使い、サッパリした甘さへと調整しました。またウメの最大の特徴である、酸味をちょっぴり引き出すよう、漬け込み時間・温度管理に最新の注意を払いました。もちろん芋焼酎ファンが納得する芋焼酎テイストも、引き出せ、全体的にバランスの取れた芋焼酎梅酒が完成しました。やはりさすが、山元酒造です。。。

このサイトは楽天やAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。