楽天 高級品

楽天 高級品の商品を紹介

お気に入りに追加
おすすめカテゴリ
楽天 高級品



  • seo




Supported by 楽天ウェブサービス  サイトマップ  楽天 高級品

このページの情報は
2009年3月7日1時31分
時点のものです。

<< 戻る

【松の司 純米吟醸 ひやおろし】地酒の芸術品を生む蔵元 このお酒に出会えた喜びを感じていただけます【松の司 純米吟醸 ひやおろし】地酒の芸術品を生む蔵元 このお酒に出会えた喜びを感じていただけます

【松の司 純米吟醸 ひやおろし】地酒の芸術品を生む蔵元 このお酒に出会えた喜びを感じていただけます【松の司 純米吟醸 ひやおろし】地酒の芸術品を生む蔵元 このお酒に出会えた喜びを感じていただけます
人気ランキング:
定価: オープン価格
販売元: キャンバス
発売日:
価格 商品名
3,570円
【松の司 純米吟醸 ひやおろし】地酒の芸術品を生む蔵元 このお酒に出会えた喜びを感じていただけます【松の司 純米吟醸 ひやおろし】地酒の芸術品を生む蔵元 このお酒に出会えた喜びを感じていただけます
 松の司      純米吟醸 ひやおろし     1800ml ●切れ味のよさといいますと松の司の特徴の一つですが、このひやおろしは際立つ切れ味のよさを持っています。 ●ふくらみのある味わいとシャープな切れ味で「さすが松の司」と思わす味わいは、本当に抜群です。 ●味があるのに重くなく、ぐいぐい飲んでいける逸品ですので、すぐにファンになってしまいます。 ★しんさんのひとり言 ●この松の司はどんなに高級なお酒でも冷やしすぎると、非常にもったいないと思います。 大吟醸クラスのお酒ですら、15度ぐらいの温度から常温、もしくはぬるめの燗ぐらいの方が飲んでいましても、しっかりと味がでて美味しく飲んでいただけると思います。 ●常識的には大吟醸をぬるめとはいえ燗するなんて、邪道と思われるかもしれませんが、それほどしっかりと作られている証拠です。 ●とにかく、期間が経ってもダレない芯の強さがこの蔵のお酒には、一本貫かれています。 ●是非、他の種類のお酒をもお試しいただきたいですね。 専門家をも唸らすほどの味わい! この味は、芸術品の領域です。 (まつのつかさ)松の司 (じゅんまいぎんじょう ひやおろし) 純米吟醸 ひやおろし1800ml この蔵のお酒がまずいと言われるときは 返品していただいて結構です。 でも、絶対返品されない自信があります。 それほど美味い日本酒です。 ★日本酒の芸術品が     とうとう入荷してきました! ●美味しい日本酒といいますと、甘い・辛い・渋い・苦い・酸っぱいという味の絶妙のバランスが取れています。 ●しかし、それ以外に味のこくや切れ味というものがもの凄く重要になってきます。 ●味がふくよかな時は、なかなかその味が切れずに、次の料理にもその味がのこってしまうことがあります。 ●味が残らずキレがいいけれども、含んだ時の味がやせているお酒もあります。 ●それほど日本酒というのは、複雑で奥の深いものなんですよね。 ●そんな奥の深さに、真っ向から挑戦して自分の理想とする日本酒造りをしている蔵元が、この松の司なんです。 ●その挑戦の努力の結果が、この蔵の酒を飲んだ日本酒の専門家が発した一言に凝縮されていると思います。 ●「私が知っている限りでは、日本で5本の指に入る酒蔵のひとつであることは確かです!」 (残念ながらこの専門家の名前はここではいえませんが、日本酒のプロなんですよ) ●また、別の有名な蔵元は私の前ではっきりと言いました。 「自分ところの酒には絶対の自信を持っている。 しかし、松の司も優るとも劣らないほどいい酒を造っている蔵だと思います。」 ●他の蔵元がここまでいうのは最大の誉め言葉ではないでしょうか? ★徹底した研究。徹底した素材選び。        徹底した造り。徹底した熟成管理。 ●専門家や他の蔵元にここまで言わしめるのはどこから来ているのかといいますと、この蔵も専務の情熱の表し方にあると思います。 ●専務と話をしていまして一番印象に残ったのが、「造りについては、杜氏に任せます。私がどうこう言えるところではないですし、またそれだけの信頼もしています。私の大事な仕事は、良質の原料米の確保です。そのためにこれまで蔵元がしないような研究を続けてきました。」といわれるんです。 ●それは、自分で米の栽培の研究までして、栽培方法までを定めてその栽培方法をしてくれる農家と契約して米を作ってもらうところまでしていました。 ●できた米を買ってきただけではなく、良質の酒を造るために良質の米から作る念の入れ様です。 ●これに酒造りには欠かせない水と酵母にも、なみなみならぬこだわりを見せていました。 ●その他にも、酒質にあった貯蔵・熟成にも研究が及び、中軟水の仕込水と蔵癖、酵母の状況から緻密に計算して松の司にあった貯蔵熟成期間を体系だてて割り出したほどの蔵元でした。 ●それこそ、「ここまでするか!」といいたくなるほど、酒造り・米造りに情熱を注ぎ込んできていました。 ●そのせいで、販売店にも厳しい品質管理と取扱の心意気と条件を設け、販売店をも厳選して誰にでも売れないようにしてしまったんです。 ●でも真剣に販売してくれる人のため、又松の司を本当に喜んでくださるお客様のために、どんな手間でも惜しまずすばらしいお酒を造るという約束を蔵元自らが自分に課したわけです。その約束にたがわぬ素晴らしいお酒を造っている蔵です。 ●ですから、この酒がいいとか悪いとかを論じるようなレベルではないとおもいました。もちろん、飲んだ瞬間に素晴らしい味わいが口一杯に広がりますし、後口がものの見事に切れます。文句のつけ様がありません。私も初めて飲んだ時そう感じました.。 ●しかし、どうしてもお口に合わないことがありましたら、ご遠慮なく連絡ください。蓋が開いていましても返品していただいても結構です。 (その場合、返品の送料だけはお客様のご負担をお願いいたします) ●でも、返品されない自信があります。それほど美味しい日本酒です。

このサイトは楽天やAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。