楽天 高級品

楽天 高級品の商品を紹介

お気に入りに追加
おすすめカテゴリ
楽天 高級品



  • seo




Supported by 楽天ウェブサービス  サイトマップ  楽天 高級品

このページの情報は
2009年3月7日1時34分
時点のものです。

<< 戻る

スタットリッヒャー・ホーフケラー ヴュルツブルガー・イネレ・ライステ・リースリング・シュペートレーゼ・トロッケン [2005]750ml

スタットリッヒャー・ホーフケラー ヴュルツブルガー・イネレ・ライステ・リースリング・シュペートレーゼ・トロッケン [2005]750ml
人気ランキング:
定価: オープン価格
販売元: ウメムラ Wine Cellar
発売日:
価格 商品名
2,499円
スタットリッヒャー・ホーフケラー ヴュルツブルガー・イネレ・ライステ・リースリング・シュペートレーゼ・トロッケン [2005]750ml
6本以上お買い上げで送料無料(下記ワインと合算でもOKです。)グローセス・ゲヴェックス”偉大な作物”という意味をもち、一級畑(Erste Lage:エアステ ラーゲ)から造られるワイン。ラインガウではエアステス・ゲヴェックス、モーゼルではエアステス・ラーゲ、それ以外の地域ではグローセス・ゲヴェックスと呼ばれます。最高級畑の指定や収穫量、完熟度、収穫は手摘みなど、徹底した規則が定められおり、ドイツワインのグラン・クリュと呼ばれる所以です。【白・辛口】葡萄品種:リースリングQMP格付け:シュペトレーゼ(フランケンは87以上でシュペトレーゼ、100以上でアウスレーゼと名告れます。トロッケンは残糖9.0g/l以下で表示できます。エクスレ度:104、残留糖度:6.0g/l、酸度:7.3g/l、アルコール:14.0度ワインのスペックから言えば、もう一ランク上のアウスレーゼ・トロッケンと言っても可笑しくないくらいの逸品ですが、フランケン唯一の州立醸造所としてのプライドが敢えてシュペトレーゼ・トロッケンとして格下げしリリースさせたのでしょうか。 V・D・P(高級ワイン生産者組合)メンバーのエアステス・ゲヴェックスやグローセス・ゲヴェックスといったグラン・クリュのワインともなれば、¥8,000?¥10,000以上するものばかり。それが、スタットリッヒャー・ホーフケラー(バイエルン州立葡萄園)の在庫を全て引き取ることを条件に、特別価格で入荷することができました!!ドイツのフランケン地方は、世界的に認められる辛口リースリングの生産地。しかも、2005年は葡萄の完熟度と酸が共に恵まれた素晴らしいヴィンテージです。黄金色。ほのかにタイムやローズマリーを思わせる香りも感じられます。しっかり熟した果実味と厚みのあるボディに、グローセス・ゲヴェックスの実力が垣間見れます。 輸入元のコメントより抜粋 このワインはエクスレ度:104、残糖6.0g/L、酸度7.3/L、アルコール度数14.0%というアウスレーゼクラスに熟した葡萄を完全発酵させることにより、糖度をアルコールに変え、カリフォルニア・シャルドネクラスに匹敵する高いアルコール度数を誇る見事な辛口ワインです。 6℃前後で抜栓し30分くらい置く。明るい黄色、白い花、百合、ニセアカシア、山梔子、金柑の花、ビターオレンジ、金柑、花梨、レモンの皮、陳皮金柑の砂糖煮、オレンジピール、マーマレード、焼きリンゴ、ローストしたナッツ、メリッサ、セーラ、タラゴン、ローズマリー、カモミール、フェンネルシード、クミンシード、機械油(ペトロール)、火打ち石、煙硝、石英系のミネラル、シュペトレーゼらしく通常のドイツワインより色は濃い。やはり貴腐の濃さ・力強さを感じさせる色だ。白系の綺麗な花と柑橘系・シトラスを中心としたフルーツのノートが爽やかに広がる。今のドイツワインに有り勝ちな没個性で中途半端な甘さは全くない。シュペトレーゼクラスから造られたトロッケンらしく重厚なボディとコクを持ちながら、爽やかでキレが良い。実に見事な辛口でスパーッと一刀両断されながら、完熟した葡萄が持っていた果実味の甘さとコクが、甘さなど一切無い辛口のくせにズシッと残心のように影を落とす。或る意味、嫌なワインだ。一口飲んで、”うん 美味いね”といって次に移りたいのだが、妙になんか引っ掛かり、また一口飲んでしまう。11/15に飲んだとき、非常によい印象を得たのだが、なんか釈然とせず後ろ髪を引かれるような感じがあった。その為再確認したのだが、こいつは飲み出すと止まらない。時間が経つと、様々なハーブと土・ミネラル系のニュアンスが次々に顕れ、絡み合い溶け合いながら、見事なリースリングの世界を見せ始める。鮮やかな花、柑橘系フルーツの爽やかさ、果物の砂糖煮、セーラ・メリッサ、ミント系のハーブに絡むトロッとした油のようなニュアンス(ペトロール)、実に溌剌とした火打ち石、煙硝、石英系のミネラルなどの土・ミネラル系のニュアンスがある時は一つに溶け合い、ある時は背を向けて自己主張をしながら、見事なハーモニーを奏でている。更に時間が経つと貝殻石灰岩系土壌に由来すると思われる厳しいミネラルからくるキレの良さとしっかりとしたボディの厚みが素晴らしい飲み応えとボリューム感を与えている。そして、熟した葡萄の内包する甘さと酸の高さが空気に触れ、フッと溜め息をつくような妖艶さを垣間見せる。不思議な色っぽさだ。シュペトレーゼ・トロッケンは時として プファルツ ビュルックリン・ヴォルフヴァッヘンハイマー・ゴルトベッヘルのような隠れた名品を生む。これは、どちらかというとドイツよりアルザスに比較対象となるものを求めるべきだろう。私の脳裏に浮かんだ物は、そう、アルザス ジント・ウンブレヒト クロ・サン・ウルバンかクロ・ヴァンツヴュールをイメージさせる。和食との相性も良いだろうし、クリームソースを使った料理にも相性抜群だろう。ドイツワインというイメージの枠を外して飲んでみてください。きっと喜んでいただけると思います。ただ、飲み過ぎに注意してください。 2008.11.24

このサイトは楽天やAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。