楽天 高級品

楽天 高級品の商品を紹介

お気に入りに追加
おすすめカテゴリ
楽天 高級品



  • seo




Supported by 楽天ウェブサービス  サイトマップ  楽天 高級品

このページの情報は
2009年3月7日1時37分
時点のものです。

<< 戻る

ようやく入荷!フェラガモワイン【ワイン】フェラガモのワイン! 「カスティリオン・デ・ボスコ ロッソ ディ モンタルチーノ 2005 750ml」【限定入荷!イタリア/赤ワイン】

ようやく入荷!フェラガモワイン【ワイン】フェラガモのワイン! 「カスティリオン・デ・ボスコ ロッソ ディ モンタルチーノ 2005 750ml」【限定入荷!イタリア/赤ワイン】
人気ランキング:
定価: オープン価格
販売元: 目指せファン100億人 中村屋
発売日:
価格 商品名
3,925円
ようやく入荷!フェラガモワイン【ワイン】フェラガモのワイン! 「カスティリオン・デ・ボスコ ロッソ ディ モンタルチーノ 2005 750ml」【限定入荷!イタリア/赤ワイン】
【ワイン】フェラガモのワイン! 「カスティリオン・デ・ボスコ ロッソ ディ モンタルチーノ 2005 750ml」【限定入荷!イタリア/赤ワイン】 セパージュ サンジョヴェーゼ100% アルコール 13% タイプ/色 ステイル/赤ワイン 味わい ミディアムボディ 造り手からのコメント イタリアファッション界の名門フェラガモ家のマッシモ・フェラガモ氏がオーナーを務めるワイナリー。広大な敷地内にある56haのブドウ畑はモンタルチーノ村でもトップクラスのワインを産出します。ガレストロ土壌を多く含む土壌と、トップ・オノロジストのニコロ・ダフリット氏のアドバイスにより、多くの注目を浴びています。 特 徴 森の中の城’の意味をもつカスティリオン・デル・ボスコ社は、この地域に13世紀から続くブドウ栽培の歴史を引き継いだモンタルチーノ有数のエステートです。現在ボスコ社はイタリアファッション界の巨人サルヴァトーレ・フェラガモの一族でフェラガモUSA社長であるマッシモ・フェラガモ氏がオーナーを務めており、マッシモ氏はモンタルチーノ村に1750ha(東京ドーム約375個分)という広大な土地を所有。中世の面影をもつ高級ホテルや、ゴルフコースを建設し、世界中のセレブが集まる一大リゾート地に変身させようとしています。カスティリオン・デル・ボスコ社はモンタルチーノにおいてもともとトップクラスの生産者でしたが、マッシモ氏のワインにかける情熱によって、近年は最新設備のセラーを完成、トップオノロジストのニコロ・ダフリット氏をアドバイザーとして迎えるなど、更なる品質向上に努めています。ロッソ・ディ・モンタルチーノは、まろやかな味わいでフレッシュなサンジョヴェーゼ種から造られる“楽しむ”ためのモダンなワイン。このワインの強烈で複雑なアロマは最新のブドウ栽培技術と伝統とのコンビネーションの賜物です。  チェンナトイオ訪問が終わると、私たちはトスカーナ地方を南下し、モンタルチーノ地区にあるカスティリオン・デル・ボスコへ向かいました。ここは、チェンナトイオとは打って変わって、森林と牧草地に囲まれた敷地面積1756ヘクタールの大規模ワイナリー。メインゲートをバスでくぐり抜け、事前に教えられたとおり敷地内の砂利道を施設に向かって走っていったのですが、行けども行けどもその姿を見ることはできず、道を間違えたのかと不安になるほどの広さでした。 フェラガモの情熱が注がれたワイナリー  実は、このカスティリオン・デル・ボスコ、イタリアファッション界の名門フェラガモの一族であるマッシモ・フェラガモ氏(創始者サルバトーレ・フェラガモ氏の三男)が2003年にオーナーとなったばかりの、今モンタルチーノで最も注目されているワイナリーのひとつなのです。 マッシモ氏は、トスカーナを代表するトップオノロジストであるニコロ・ダフリット氏をアドバイザーとして迎え、モンタルチーノいちのワイナリーを作り上げるべく、現在様々な改革に着手しています。 その目玉が、2004年に誕生した敷地面積4000平方メートルの最新鋭ワインセラーでしょう。特にフレンチオークの樽が700個並ぶ熟成庫は圧巻で、中2階にはジャーナリストなどのお客様をお迎えするためのガラス張りのテイスティングルームもあり、見せることを配慮した施設だと感じました。また、収穫後のブドウをベルトコンベアーに乗せて洗浄する機械もあり、珍しいものを目にすることができました。サンジョベーゼ100%の最上級ワイン しかし、建物や広さなど何かと設備にばかり注目が集まるカスティリオン・デル・ボスコですが、実はこのワイナリーの最大の特長は、サンジョベーゼ100%のワインを生産していることにあります。 サンジョベーゼは、トスカーナを代表するブドウ種ですが、他のブドウ種と比較して、収穫時期が9月下旬?10月頃と遅いため、収穫前に秋の雨にさらされやすく栽培が難しいとされています。そのため、通常は他品種と混ぜ合わせることが多いのですが、カスティリオン・デル・ボスコでは、サンジョベーゼの持つエレガントさと複雑さを保つため、こうしたことに挑戦しているのです。 その中でも、最上級酒となってくるのが、カパンナ地区で作られているカンポ・デル・ドラゴでしょう。ガレストロ石のある土壌と粘土層、砂利層の混じったカパンナ地区は、標高が350mと高めで日当たりが良い南東向きの理想的な斜面。地中海の海風が湿気を適度に吹き飛ばしてくれるため、ワイン作りには最適な土地柄です。ここでカンポ・デル・ドラゴを生み出す樹齢20年以上のサンジョベーゼが育てられているのです。 ちなみに、DOCGでは1ヘクタールあたり70hl(70ヘクトリットル=7000リットル)の最大収穫量を認めていますが、カンポ・デル・ドラゴを作る際には、30hlに収穫量を抑え、ブドウの凝縮感を高めるような栽培に努めているとのことでした。 カスティリオン・デル・ボスコでは、このカパンナ地区と北側のブオンコベント地区と合わせ、現在56ヘクタールのブドウ畑を所有してしますが、3?4年後には75?80ヘクタールまで広げる予定とのこと。数年後にはさらに広いブドウ畑が見られそうです。モンタルチーノいちのワイナリーへ 13世紀には要塞として重要な役割を果たしていたモンタルチーノ丘。敷地内には、1200年に建てられた城(要塞)や、ピエトロ・ロレンゼッティ(1280-1348年)のフレスコ画が飾られた14世紀のチャペルなど、歴史的建造物がそこかしこにありました。マッシモ氏は、こうした由緒ある建造物を生かしつつ、高級ホテルやゴルフコースなどの建設も予定しているとのこと。カスティリオン・デル・ボスコは、数年後、最高級ワインと最高のリゾート施設を持つワイナリーへと変貌していくことでしょう。 東京ドーム約375個分の敷地面積を誇るカスティリオン・デル・ボスコ。このうち、400ヘクタールが森林や牧草地、56ヘクタールがブドウ畑となっています。地下にある熟成蔵。中2階から見下ろせるようになっています。ブドウの洗浄機。清潔に洗浄して選果台では4?5人が丁寧にブドウを選別しています。 女性醸造責任者のチェチリア・レオネスキさん。   

このサイトは楽天やAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。