楽天 高級品

楽天 高級品の商品を紹介

お気に入りに追加
おすすめカテゴリ
楽天 高級品



  • seo




Supported by 楽天ウェブサービス  サイトマップ  楽天 高級品

このページの情報は
2009年3月7日1時37分
時点のものです。

<< 戻る

★優美で内容の充実した作品★CH.ベイシュヴェル [2006]年

★優美で内容の充実した作品★CH.ベイシュヴェル [2006]年
人気ランキング:
定価: オープン価格
販売元: アーベンワインショップ
発売日:
価格 商品名
8,715円
★優美で内容の充実した作品★CH.ベイシュヴェル [2006]年
2006 Chateau Beychevelle / Bordeaux Red Dryシャトー ベイシュヴェル 格付け ボルドー・メドック地区格付第4級(1855年) A O C サン・ジュリアン 畑位置 サン・ジュリアン村及びキュサック・フォール・メドック 畑面積 AOCサン・ジュリアンを名乗れるのが78ha 年間生産量 平均:26万5000本 平均樹齢 28年以上 ブドウ品種 平均: カベルネ・ソーヴィニョン62%  メルロ31% カベルネ・フラン5%   プティ・ヴェルド2% 収 穫 全て手摘み後、完全除梗 醗 酵 28度の温度管理機能付き醗酵槽(ステンレスとセメント)で 21?24日間 但し、グラン・ヴァン用ブドウの30%のみ、オーク樽()でマロラクティック醗酵 熟 成 オーク樽(新樽57%)でおよそ18ヶ月間 諸処理 清澄・濾過処理はヴィンテージごとに決定 タイプ 赤のフルボディ 特 徴 濃い色合い、素晴らしく優雅な香り、成熟していながらも新鮮さをもつ風味と飲む者を虜にするとても印象的なタイプ。 飲み頃 平均:収穫後7?15年継続 料理 チーズ 牛のヒレ肉の網焼きバターソースや赤ワインソース、牛赤身肉のカツレツなどが合う。 チーズでは、白カビソフトタイプのカマンベール、ウォッシュタイプ・ソフトのポンレヴェックやショーム、青カビタイプのスティルトンなど。 セカンド アミラル・ド・ベイシュヴェル 2006 ヴィンテージ 情報 ヴィンテージチャート:19/20点WAヴィンテージガイド:87点 WSヴィンテージチャート:84?89点 ボルドーの2006年は春に暑く、夏に涼しかった年で、心地よいタンニンを備えた確実に熟成向きの赤ワインが誕生。 ※ボルドー委員会2006ヴィンテージ情報:   「偉大な品質」 2006年のボルドーの春は全般的に暑く乾燥しており、その後7月と9月はとても暑く、8月は逆に涼しいという対照的な天候でした。カベルネ種は健全に熟し、色がしっかりとしており、新鮮な果実味は強烈で複雑性を備えており、メルロは出来が良く特にアロマが豊かで、タンニンの構造は収斂性を感じさせず心地良く、2006年のボルドーの赤ワインは確実に熟成向きです。 パーカー氏評価(2007.4):90?92点  ベイシュヴェル2006はルビーの色合いを帯びた暗く深みのあるプラムの色調で、木炭やブラックチェリー、西洋スギやスパイスの特徴を示し、甘い果実味の適度な重さとコクがあり、優美でありながらも内容の充実したスタイルで、印象的な凝縮感と質感と長さを兼ね備えています。 予想飲み頃は、2011年から2028年あたり。 スペクテーター誌評価(2007):85?88点バレル  柔らかな質感の果実味に溢れ、適度な重さとコク、上質な風味と中くらいの余韻を備えています。 ★優美でありつつ内容の充実した作品★CH.ベイシュヴェル 2006年  第4級格付けのベイシュヴェルは1565年に、17世紀末まで続いたフォワ・カンダル家がサン・ジュリアンに館を建築したことに始まりました。 アンリ3世の時代、ジロンド河を下り、時の絶対的権力者初代デペルノン公爵ジャン・ルイ・ノガレ・ド・ラ・ヴァレット(アンリ3世の寵臣でフランス海軍大提督兼ギュイエンヌ総督)の屋敷の前を通る船は、その後数世紀に渡り、敬意を表し、帆を下げて航行しており、この「帆を下げよ」という意味の「ベス・ヴォワル」が転じてベイシュヴェルと呼ばれるようになりました。 18世紀にのブラシエ家がブドウ畑の開発や立地の最大限の利用を手がけ、現在の高級ワインの基礎を造り、19世紀のゲスティエ家の時代は困難を極めましたが、1855年のメドック地区格付け制定の際には第4級に格付けされ、1866年に金メダルを授与し、かつての地位と名声を取り戻し、また、19世紀末にフランス全土を襲ったフィロキセラ禍の時は、ハイネ家により再度のブドウ苗を植え替えを行い、後に高級ブドウ畑を再び復活させました。 その後、アシレ・フール家によりベイシュヴェルのワインの名声を築き上げ、また、第1次世界大戦後に価格と需要の面で紛れもないブームを巻き起こし、さらに、 有能なアドヴァイザーのチームを組織し、ボルドー大学のエミール・ペイノー教授の指導により、1974年にシャトーにとって厳しい選別基準を設け、セカンドワイン(アミラル・ド・ベイシュヴェル)を導入しました。 しかし、財政難に見舞われたベイシュヴェルでは、1984年にフランスの保険会社Garantie Mutuelle des Fonctionnaires (GMF)社の所有となり、1988年にGMF社が日本のサントリーと資本提携し、アジール・アシュアランスとともに、CH.ベイシュヴェルの全ての株の単独の持ち主として、グラン・ミレジム・ド・フランス社を設立し、ベイシュヴェルや.ボーモンやオー・メドックのブルジョワ級のシャトー等を数々管理しています。 サン・ジュリアンの最も南側、ジロンド河を見下ろす高台の石灰質が下層に広がる畑から、愛想の良い、率直なスタイルの、特有の個性を発揮するワインが造られています。(>>>詳細&一覧) ※ボルドー赤2006ヴィンテージ情報:  ボルドーの2006年は春に暑く、夏に涼しかった年で、心地よいタンニンを備えた確実に熟成向きの赤ワインが誕生。 ※WA:90?92点 / WS:85?88点 (詳細はこのページ下方にあります。)

このサイトは楽天やAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。