楽天 高級品

楽天 高級品の商品を紹介

お気に入りに追加
おすすめカテゴリ
楽天 高級品



  • seo




Supported by 楽天ウェブサービス  サイトマップ  楽天 高級品

このページの情報は
2009年3月7日1時34分
時点のものです。

<< 戻る

シャンパーニュを超えるスパークリング!サイン入り!フーバー・ピノ・ゼクト・ブリュット・ブラン[2002]750ml 【春を先取りポイント2倍!】

シャンパーニュを超えるスパークリング!サイン入り!フーバー・ピノ・ゼクト・ブリュット・ブラン[2002]750ml 【春を先取りポイント2倍!】
人気ランキング:
定価: オープン価格
販売元: ワイン メロウブーケ
発売日:
価格 商品名
5,980円
シャンパーニュを超えるスパークリング!サイン入り!フーバー・ピノ・ゼクト・ブリュット・ブラン[2002]750ml 【春を先取りポイント2倍!】
フーバー・ピノ・ゼクト・ブリュット・ブラン[2002]750ml -HUBER Pinot Sekt Rosee Brut- 生産地: ドイツ・バーデン地方   生産者: ベルンハルト・フーバー 生産地区: ドイツ 各付け等:  葡萄 : ピノ・ノワール:50%、ピノ・グリ:50% 評価: ロゼ・スパークリング:辛口(ミディアムボディ) 伝統的な瓶内2次発酵方式(シャンパン方式)で造られたゼクトです。すっきりした果実の香りにナッツ香もあります。きりりとした飲み口の中、ふくよかなボディ、長い余韻は高級シャンパーニュにも見劣りすることはございません。非常にクリアーな味わいを楽しむことができます。ボトルのサインは当主のフーバーさんの奥様が1本1本手書きで書いております。2000本ほど書くのだそうです。    ピノ ノワール ドイツワイン  ベルンハルド・フーバー醸造所の歴史はほこりまみれの古い文献から始まりました。 まだ研修生だったころ、故郷マルターディンゲン村で資料に目を通していたフーバー氏は、 13世紀ごろのぼろぼろになった文書を目にします。     (当手のベルンハルト・フーバー氏) 文献によると、当時マルターディンゲン村は、フランスのシトー派の僧侶から持ち込まれたぶどう品種「ピノ・ノアール」を使った赤ワインの名産地であったばかりか、ピノ・ノアール種が村名を取って「マルターディンガー」と呼ばれていたことがはっきりと記されていました。(今日でもワイン辞典を引くと、ピノ・ノアールの同義語として「マルターディンガー」が記載されています。) この古文書に巡り合って自信を深めた彼は、1984年、当時加盟していたブドウ栽培者協同組合を脱退し、独自のワインを造るべく「ベルンハルト・フーバー醸造所」を創設します。勿論不断の努力もありますが、思惑は見事に的中し、長い眠りについていた「マルターディンガー」が再び陽の目を見 ることとなりました。今日世界各地で、彼のしなやかで豪華な赤ワインは常に 最高の評価を得、品評会などでも フランスやカリフォルニアの名だたる醸造所を打ち負かすこともしばしば。 「フーバーワインは間違いなく世界有数のワインの一つ。20年前にドイツでシュペートブルグンダー種でこれほどの赤ワインができるかと質問されたら、間違いなく『とんでもない!』と答えただろう。」とはGrand Jury Europeanのリーダー、フランス人Francois Maussのルクセンブルクのワイン品評会での言葉です   (葡萄の糖度をみるフーバー氏と収穫風景)現在の栽培率はすでに66%に達しており ここバーデン地方では群を抜いています。細心の注意を払い、収穫され葡萄の熟し具合や樹齢別にわけられ発酵を終えた新樽の使用比率が決められます。彼のピノ・ノワールへの思い入れは相当なものがあり、“100%ピノ・ノワールにしたい” といっているそうです。でも奥さんのバルバラさんが白も好きなのでそうはいかないそうですが・・ドイツワインの評論家スチュワート・ピゴット氏からも“シュペートブルクンダー種のエリート”として高い評価を得ています。  (ピノ・ノワールとマルターティンゲンの畑)ヒュージョンソン「ポケットワインブック」ではドイツワインの名声を再び築き上げるために主要な役割を演じている生産者として以下の原文が記述されています。彼が造るシュペート・ブルクンダーはドイツ赤ワインの模範となるべきものである。シャルドネ(珍しく樹齢の古いもの)や ゲヴュルツトラミネールはしばしばブラインド・ティスティングで優勝している・・・と紹介されています。 彼のピノ・ノワールへの思い入れは相当なものがあり、“100%ピノ・ノワールにしたい”といっているそうです。でも奥さんのバルバラさんが白も好きなのでそうはいかないそうですが・・ドイツワイン評論家スチュワート・ピゴットからも“シュペートブルクンダー種のエリート”として高い評価を得ています。ヒュージョンソン「ポケットワインブック」で ドイツワインの名声を再び築き上げるために主要な役割を演じている生産者として上記の原文が記述されています。  (ボトルのサインは奥様が直筆で1本1本書いております) シャンパーニュと同じく瓶内2次発酵方式で造られています。ただ違うことはフリーランジュースのみを使用しているということ。フランス語でいうと「ロゼ・ド・ノワール」でしょうか。とてもキメ細かい泡。香りは穏やかで色のせいか、ラズベリーやチェリーの香り が感覚的にあります。アタックはとても優しい感じ!シャンパーニュのブリュットはキツく感じられるものがありますが、このピノ・ゼクトは“繊細”という言葉が見事にあてはまるというくらい印象的です。 彼の誠実な姿勢がワインに反映されないわけがなく本国ドイツにおいてもあまり人気で、すべてのワインがとても入手困難なワインとなっています。

このサイトは楽天やAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。