楽天 高級品

楽天 高級品の商品を紹介

お気に入りに追加
おすすめカテゴリ
楽天 高級品



  • seo




Supported by 楽天ウェブサービス  サイトマップ  楽天 高級品

このページの情報は
2009年3月7日1時34分
時点のものです。

<< 戻る

キーンと冷やせば100倍のコストパフォーマンス&爽快感!!セッラ・モスカ・ヴェルメンティーノ・ディ・サルデーニャ 2007

キーンと冷やせば100倍のコストパフォーマンス&爽快感!!セッラ・モスカ・ヴェルメンティーノ・ディ・サルデーニャ 2007
人気ランキング:
定価: オープン価格
販売元: YNSトウキョー(ワインズ東京)
発売日:
価格 商品名
1,029円
キーンと冷やせば100倍のコストパフォーマンス&爽快感!!セッラ・モスカ・ヴェルメンティーノ・ディ・サルデーニャ 2007
※ クール便をご利用の場合は当店での受注処理時に別途クール代 263円(税込)を加算させて頂きます。※何卒ご了承くださいませ。早くも420本が完売!!。さらに12本追加いたしました。2009.2.5白 750mlヴェルメンティーノ1899年、当時の有名な政治家、クィンティーノ氏の甥エルミニオ・セッラ氏とエドガルド・モスカ氏がアルゲーロ(イタリア、サルデーニャ州サッサリ県)の自然と大地に魅せられて、領主のヴィッラマリーナ家から土地を購入したのがセッラ&モスカ社の始まりです。所有総面積は650ヘクタールで、そのうちブドウ畑は500ヘクタール。これは自社畑としてはヨーロッパでも最大級の広さを誇ります。セッラ&モスカ社はブドウ畑の新しい管理方法と新しいワインを造るための技術の開発に力を注ぎ、その独創的な技術やノウハウによってサルデーニャ島全体のブドウ栽培とワイン醸造の発展に多大なる影響を与えました。また現在の醸造責任者、マリオ・コンソルテ氏のもと、重い赤ワインが中心だったサルデーニャワインにさわやかなテイストを加え、消費者のニーズにも応えたワイン造りを行っています。「サルデーニャワインに新しい可能性を開いた醸造元」として、イタリアワイン醸造界全体にも新しい道筋を指し示してきた権威あるワイナリーです。 そんな名門ワイナリーが造るこの白ワインは、緑色を帯びた輝きのある麦わら色をしており、サルデーニャ特産のブドウ品種、ヴェルメンティーノならではの白い花の香りと、軽やかでみずみずしくフレッシュ感のある心地よい爽やかな風味が特徴です。【キーンと冷やして飲めば100倍のコストパフォーマンス&爽快感!!】高級リゾート・サルデーニャ島では世界のセレブがこれで喉乾きを癒します!!『輝かんばかりの麦わら色から海の潮風のような果実味が爽やかに広がります!!』冷蔵庫に必ず一本!!これがあれば今年の夏は完璧です!![セッラ・モスカ・ヴェルメンティーノ・ディ・サルデーニャ 2007] 今のフランス大統領サルコジさんも彼女とのバカンスに訪れた世界でも指折りのイタリア高級リゾート島サルディーニャ島!!。そんなサルディーニャ島で最も愛飲され、真夏の太陽の下、世界のセレブ達が高級シーフード料理と贅沢なるマリアージュを堪能する素晴らしい白ワインのご紹介です!!しかも980円というワイン大好き人間にとっては堪らない、『キーンと冷やして飲めば100倍のコストパフォーマンスと爽快感をもたらしてくれる!!』爽やか白ワインの登場なんです!!。その名も[セッラ・モスカ・ ヴェルメンティーノ・ディ・サルデーニャ 2007] !!!ヴェルメンティーノはサルディーニャ島を代表する白ブドウ品種で、その味わいは、『微かにエメラルドグリーン色に輝く麦わら色のワインから、まさに海の潮風のような風味を持った独特なほろ苦さがグーレプフルーツのような柑橘系の香りと青リンゴのような果実の香りと相まって絶妙の爽快感とともに迫ってくるんです!!』まさにキーンと冷やして飲むためにだけ造られた世界最高の超爽快ワイン!!、と言っても過言ではありません!!。イタリア半島は長靴のスネ部分から先、ローマの真横くらいに位置する地中海に浮かぶ島サルディーニャ。そのサルディーニャ島屈指の造り手として、地元評価誌で絶賛されるのが、今回ご紹介の[セッラ・エ・モスカ]です。1899年サルデーニャ島へ狩猟に訪れたエンジニアのセッラと、弁護士のモスカがサルディーニャ島の北西部に広がる平原に魅了され、領主のヴィッラマリーナ家から土地を買い取ってぶどう畑としたのがこの造り手の始まりです。そんなサルデーニャ島No.1の凄腕が造る980円ですから、当然の如く美味しいんです!!キーンと冷やして飲めば、間違いなく100倍のコストパフォーマンス&爽快感が堪能できます!!。この季節、冷蔵庫には絶対に1本は常備しておきたい白ワインです!!。

このサイトは楽天やAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。