楽天 高級品

楽天 高級品の商品を紹介

お気に入りに追加
おすすめカテゴリ
楽天 高級品



  • seo




Supported by 楽天ウェブサービス  サイトマップ  楽天 高級品

このページの情報は
2009年3月7日1時35分
時点のものです。

<< 戻る

【ゴースト・ブロック】カベルネ・ソーヴィニヨン "エステイト" オークヴィル [2005]

【ゴースト・ブロック】カベルネ・ソーヴィニヨン "エステイト" オークヴィル [2005]
人気ランキング:
定価: オープン価格
販売元: カリフォルニアワインあらかると
発売日:
価格 商品名
14,259円
【ゴースト・ブロック】カベルネ・ソーヴィニヨン "エステイト" オークヴィル [2005]
ここは禁断の果実を育む聖なるブロックなのか?周囲にはハーランやオーパス、ト・カロンが…ナパ最高立地、オークヴィルの知られざる極小区画が百年の眠りから目を覚ます。【Ghost Block】 Cabernet Sauvignon"Estate" Oakville Napa Valley [2005]● 前回、インポーターの初回輸入分が早々と底を突き、問い合わせが相次いだ、“ミステリアス・カルト”ゴーストブロックが、再び姿を現しました。この度も数量限定… ナパ・カベルネにとって、近年最高のビッグイヤー、2005年の入荷です!国内初登場で、いきなり楽天ランキング三冠達成のブレイク。しかも、それがこの造り手のデビュー作('04vtg)。このゴーストブロック、前回入荷分の完売から現在に至るまで、暫くの間姿を見せないうちにも、専門メディアで取り上げられる機会は一層と増しているようです。● S.F.C.紙選、“次世代のカルトワイン十傑”- The new cult wines: 10 wineries to watch /San Francisco Chronicle - 今春、サンフランシスコ・クロニクル紙により発表された、将来のカルト生産者と目される造り手の一つがゴーストブロック。中には、既に現在、300ドルオーバーで取引される実質的なカルトワインも見られますが、これらと同列に位置付けられています。その際の“十傑カルト”には…■ 超高額新興カルト、メラスのオーナー兼ワインメーカー、マークヘロルド氏(Mark A. Herold)により立ち上げられた【ブッチェラ(Buccella)】■ シリア・マチェスキ&ジム・バーバー最強タッグによる、ナパ・オークションTOP10常連$41,850(約460万円)落札の【DR スティーヴンス】■ 究極の域へと歩を進める注目のRP100点候補生産者【トアー(Tor)】■ ヴィンヤードマネージャーにデヴィッド・エイブリュー、ワインメーカーにマーク・オベールを据えた【フトー/Futo】 (coming soon???)■ スクリーミングイーグルのオーナーがサンタバーバラで展開する新興ブランド、【ホナタ/Jonata】 (coming soon???)■ ソノマの銘醸葡萄園“キーファー”によるエステイトワイン、【キーファー・ランチ/Keefer Ranch】(詳細>>)■ ハイジバレットよりスクリーミングイーグルのワインメーカーを引き継いだアンディ・エリクソン(詳細>>)のP.B.【ルヴァイアサン/Leviathan】■ ハーランエステート、スローンで数度のRP100点を誇るWM、ボブ・レヴィのP.B.【レヴィ&マクレラン/Levy & McClellan】 (coming soon???)■ ソノマの新興スモールプロデューサー【Salinia】これらと共に、ゴーストブロックも「次世代のカルト」と評されています。妖しげなイラストのエチケット。ボトルを包むは神秘のベールでしょうか?現地のカルトワインウォッチャーが注目する謎のウルトラプレミアムが日本上陸。その名も“ゴーストブロック”。「常時供給可能とする程のストックは無い。」そんなことを主な理由として、インポーターが抱えるワインには、リスト未掲載となる“隠しアイテム”もあることは既によく知られたことでしょうか。極めて少ない輸入数量のカルトワインにありがちな例ですが、このゴーストブロックもその一つ。インポーター担当者さんとの会話の流れで、このワインの存在を知ることとなりました。「とてつもなく素晴らしいワイン。」と聞かされるも、いかんせん正体不明。ところが続く言葉が、身体を俊敏に反応させました。「“誰もが知るワインではない。しかし、それで買う方がいなくても構わない。商売抜きで私が全量を買い占める”とオーナーが口にしているんですよ。」「N氏にそこまで言わせるワインって…」(氏は、業界きってのワイン収集家で、学校の教室二つ分程のスペースとなるプライベート・セラーには幻のワインがザクザク。山積みのスクリーミングイーグルや1982年のメドックグランヴァン。ハーランの非公式ヴィンテージ1990年の1Lボトルに、スミソニアン博物館にも所蔵される歴史的銘柄1973年まで!)「ならば、まずは飲むべし。」ということで、サンプル提供をお願いすることに。(当然有償也) ワインは翌日手元に届きましたが、移動によるショックを和らげる目的で10日間以上静置させた後に試飲。先ずは、瞬く間に沸き立つフレーバーの量が印象的です。抜栓直後より、熟したブラックベリーのアロマが大きく膨らみ気を惹かせます。口の中ではカシスやドライフルーツ、ココア、ビターチョコレート、中国茶葉に鉛筆の芯のニュアンスも。様々な味わいのファクターが樽におかされることなく、実に幅広く現れます。タンニンは柔らかすぎることなくニュートラル。メリとハリが表現されるに十分です。またそれがバランスの好さにも繋がっており、ダイナミックなナパらしさに気高い品格を兼ね備えたスタイルが演出されています。大振りなグラスの中に漂う芳しいアロマを楽しむ喜び、そして長く静かに後を引くフィニッシュも素晴らしいものです。オークヴィルや隣接するスタッグスリープ地区からは、力強さでグイグイと押すようなカベルネソーヴィニヨンが珍しくない中、このゴーストブロックはタニックに陥ることなく、巧みに仕立てられています。アペラシオンは異なりますが、ふくよかさと成熟感は、ケイマス"スペシャルセレクション"やシャトー・モンテリーナ"エステイト"をイメージさせます。ちなみに、目の詰まり具合のよい良質なコルクが使われていますが、“ゴースト”だけにノッペラボー。このレンジのワインとしては珍しく、何の記載もありません。確かに感心する出来栄えで、熟成後の楽しみも伺わせる一本。これだけのワインを産むからには、「きっと何かウラがあるはず。」と思わせます。インポーターさんとの会話後、つてを頼りに情報を収集しました。すると、なんとも興味深い話が!やはり、然るべき人物が絡んでいます。そして何よりも、果実の出所に隠された秘密がありました。「一体何だこのプロジェクトは!?」● ワインメーカーはロブ・ローソン(Rob Lawson)。数々のカルトワインを輩出してきたナパ・ワイン・カンパニーのセラーマスターです!ナパヴァレーに、幾つものカルトアイテムを輩出し続ける、俗称“カルトワイン・セントラル(Cult Wine Central)”なる場所があるのをご存知でしょうか?ここで産まれるワインには、ヘレン・ターリーのブランキエ、ハイジ・バレット監修のジョーンズ・ファミリーやショウケット、WS94点ソーヴィニヨンのクロッカー&スター、パルメイヤーなど、メディア高評価やオークション高額落札常連組の顔ぶれが数多く揃います。その“カルトワイン・セントラル”にて、「新たなカルト」と目されるワインがこのゴーストブロック。既に、在カリフォルニアの一部ファインワイン専門店では、「今、手に入れるべきウルトラプレミアムワイン」として紹介されている他、ワインスペクテイター・オンラインの掲示板でも話題となるなど、コアなマニアを中心として注目を集めています。“カルトワイン・セントラル”の正式名称は“ナパ・ワインカンパニー”。所在はナパヴァレー・オークヴィル地区、オーパス・ワンの近くにあります。(Napa Wine Co.地図詳細 >>)ここでは、醸造設備の他、ワインメーキングに必要な様々なサービスの貸し出しを行う「カスタムクラッシュ(custom crush facility)」と称されるシステムの下で、およそ60のワイナリーがワイン造りを行っています。ナパ・ワインカンパニーの醸造部門統括兼セラーマスターがロブ・ローソン氏(画像右)。ベリンジャーのプレジデント職にいた祖父、70-80年代にロバートモンダヴィのマーケティング担当副社長を務めた父の血筋を引く、生粋のワイン一家に生を受けた人物です。ロブの実地経験はソノマのセバスチャーニから始まります。そして幾つかの造り手を経て、ナパワインカンパニーのスタッフに加わりますが、ここで彼はハイジ・バレットやヘレン・ターリーとも交流を持ち、“大きな財産”を手に入れることとなります。● “ゴーストブロック”なる畑は何処に?ロブは、ナパワインカンパニーで醸造指南に携わる傍ら、2004年産をデビューヴィンテージとして待望のプライベートブランドを立ち上げます。狙いを定めるは、カリフォルニアでも指折りとなるカベルネソーヴィニヨン。そこで彼が着目した果実の出所は、最大の潜在能力を秘めていると目される“ゴーストブロック”と呼ばれる極めて古い区画でした。明らかに他とは異質の果実を実らせることにより、特別視されていた区画、“ゴーストブロック”。周囲の造り手達の間では、「土壌は水はけに優れ、特にカベルネソーヴィニヨンに素晴らしい個性が発揮される。ワイン造りを進める者であれば誰もが欲しがる土地。幾つかのカルトワインのベース。」と語り草となっていたそうです。この小区画の位置する場所は西側オークヴィル。共にパーカーポイント100点カベルネの輩出源となるハーランエステートやナパ随一の大地主、ベクストファー・ファミリー所有のトカロン・ブロック(ポール・ホッブスでRP100)の他、オーパスワンも拠点を構える、高級カベルネの温床となる最高立地にあります。栽培の歴史は100年超に及びつつも、シングルヴィンヤードワインとして鳴らすことがなかったのは何ゆえでしょう?どうやら、このブロックを包括する畑の果実は他と区分けされること無く、所有者により一括して卸されていたようです。全ての果実は有機栽培でカベルネソーヴィニヨン100%。小規模生産者であるからこそ可能とする、丁寧な造りに拘りが貫かれています。ロブ・ローソンは語ります。「私はゴーストブロックの果実100%でワインを造ることに誇りを覚える。物語は今始まったばかり。」12本換算で850cs(6packで1700cs)の少量生産。デビューヴィンテージのリリース当時、一切のメジャーメディアに取り上げられていないにもかかわらず、何故に現地のカルトウォッチャー達は目を付けたのでしょう?後に知ったことですが、'07年5月、ロバートモンダヴィ・ワイナリーで催されたテイスティングイベントでセンセーショナルに扱われた事が、彼らの心をくすぐったようです。■ ワインスペクテイター93点 Wine Spectator Onlineより:A big, rich, expressive style that's intense and concentrated, with ripe, firm, vibrant black cherry, blackberry, currant, anise and spicy, toasty oak, which adds a nice flavor dimension. Best from 2009 through 2014. 1,700 cases made. -JL Score: 93 2007.10.24楽天ランキング三冠!2008.06.18楽天ランキング三冠!誠に有難うございます。(加州総合/加州赤/US&加州各部門)● 再びあるだけ限定。極希少銘柄に付き要ゲット!品種構成:カベルネソーヴィニヨン100% Cabernet Sauvignon 産地:カリフォルニア州>ナパ郡>ナパヴァレー>オークヴィルA.V.A. California>Napa Valley>Oakville タイプ:[赤] フルボディ Full 内容量:750ml

このサイトは楽天やAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。